TravisJapan

売れっ子Jr.トラジャが嵐のバックに!DVD「Japonism」が最高すぎた

トラジャが嵐のバックについたDVDが知りたい。いつのコンサートだろう?どのくらいDVDに映ってるのかな?

そんな疑問にお答えします。

当記事は、ジャニオタ歴18年トラジャ推しの私が、嵐のバックについたDVD「Japonism」を見た感想を踏まえて、紹介します。

どのくらいDVDに映っているのか、詳細は後述をご覧ください!

トラジャが嵐のバックについたDVD:Japonism

トラジャが嵐のバックについたDVDは何のコンサートだろう?

それは、2015年に開催された「Japonism」です。

私は、Japonismには参戦したものの、バックについたトラジャのことは全然知りませんでした。

今改めてDVDを見返すと、本当にトラジャがかわいくて仕方ありません!

トラジャ担の口コミも絶賛です♡

https://twitter.com/_k_n_112/status/1384292496855867394?s=20

トラジャはどのくらい映ってるのかな?

全31曲中、トラジャがバックとして映り込んでいる曲数は14曲です。

バック出演曲 映り込み度 メモ
miyabi-night ★★ 七五三掛・吉澤
ワイルド アット ハート  
troublemaker  
青空の下、キミのとなり  
Don’t you love me?(松本ソロ) 川島
GUTS! 全員
Rolling days(櫻井ソロ) ★★ 七五三掛・川島
Mr. FUNK(相葉ソロ) ★★★ 宮近・中村・七五三掛
暁(大野ソロ) ★★★ 中村
Japonesque ★★ 七五三掛・川島・吉澤
心の空 ★★★ 全員
SUNRISE日本 ★★★ 全員
Oh yeah! 全員
Belive 全員

★は、バックについているのはわかるけど、個人のアップがなく、見切れしている映り方です。

★★は、個人の顔が数秒だけどアップになっていたり、人物がはっきりと特定できる映り方です。

★★★は、ガッツリ映り込みをしているので顔の表情や姿が存分に楽しめる映り方です。

セトリ終盤の「SUNRISE日本」ではジャニーズJr.「Travis Japan」として紹介してもらうシーンがあります!

現在のトラジャメンバー全員(宮近、中村、七五三掛、吉澤、川島)がまんべんなく映っているので、フレッシュなトラジャが楽しめますよ。

それから「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」はツアータイトルの「Japonism」の通り、日本の「和」がキレイに演出されています。

和風な衣装や小道具も凝っているし、今までにない嵐の魅せ方が詰まっています。

今考えても、トラジャがこの「Japonism」のバックについて本当に良かったな、素敵なツアーのバックにつけてすごく良い経験になったんだろうな、と嬉しくなりますよね!

まだコンサートDVDを見たことがない方は是非♡

通常盤も初回盤も共通内容なので、通常盤でお得にゲットしてみてください!

アンコールの「A・RA・SHI」では、見学にきていたHey!Say!JUMP(全員)とV6(坂本・長野・三宅)も映っているのです♡

2015年はまだ松松加入前なので、現在のトラジャメンバー構成ではありませんが、持ち前のダンススキルはこの頃からずば抜けていましたね。

まだ、嵐のバック「Japonism」についた頃は、トラジャ担ではない人も多いですね。(私もその1人です。)

トラジャが嵐のバックについたDVD:Japonismエピソード

トラジャ担ならよく聞く「おはようございます!今日も如恵留です!」は、嵐のバック「Japonism」についた時から使われているフレーズだそうです♡

2021年4月19日に生放送された「Travis JapanのオールナイトニッポンPremium」の生放送で、如恵留が嵐のバック「Japonism」についたエピソードトークを話してくれました。

ANNPで話していた内容がこちら。

少しでもやっぱり名前も覚えてもらいたくなるじゃないですか。この子誰だったっけ?で終わるんじゃなくて、あいつおもしろかったなって覚えてもらえたら嬉しいっていうことで。

とりあえず(リハで)ステージ上がったら端から端までバク転で移動するっていう。(笑)

そしたら「あいつTravis Japanのやつらしい、バク転してるらしいよ」って嵐さんに伝わります。そこで自分の名前も言えなきゃダメなんです。

「おはようございます、よろしくお願いします、Travis Japanの川島如恵留と申します。」ここまでをワンセットで。

そしたら、早口で言った結果「おはようございます、今日も如恵留です!」っていう当たり前のフレーズが爆誕したわけ!

引用元:Travis JapanのオールナイトニッポンPremium

なんとも感慨深いエピソードではないですか…!エモい!!

Travis JapanのオールナイトニッポンPremium」はトラジャとしてグループ初での冠ラジオ番組ということもあり、トラジャ担は歓喜でしたね♡

トラジャが嵐のバックについたDVD:This is 嵐

トラジャが嵐のバックについたDVDは「Japonism」以外にもある?

トラジャが嵐のバックについたコンサートは「Japonism」の他に「This is 嵐」です。

現時点(2021年5月13日)では、まだDVDは発売されていません。

2020年12月31日に東京ドームで行われたコンサート「This is 嵐」の生配信を見た方も多いですよね。

そう、トラジャがばっちりと!!バックに出演していて、かなりの映り込みもあり、感慨深いライブでしたよね♡

残念ながら、うみんちゅは新型コロナに感染のため不在でした。コロナ悔やまれます…。

「This is 嵐」のバックはトラジャ全員(中村コロナ感染により不在)ではないですが、嵐活動休止前のとっても大切なコンサートなので、Jr.としてバック出演したことが、嬉しかったです。

「This is 嵐」のDVD発売決定を楽しみに待ちましょう!

トラジャが嵐のバックに抜擢された理由

トラジャが嵐のバックに抜擢された理由はたくさん考えられますが、「Japonism」ツアーが行われた2015年トラジャの活動を振り返ってみると大きな理由は3つです。

  1. バックダンサーとして魅せるダンスパフォーマンス力の高さ
  2. 大先輩マッチさんのバックについた実績
  3. ジャニーズ恒例の舞台「PLAYZONE」で魅せた演技力の高さ
  4. Sexy Zoneのバックでの知名度UP

2015年のトラジャの活動は、年始に青山劇場にて行われた舞台「★さよなら!~青山劇場★ PLAYZONE 30YEARS ★1232公演」から始まっています。

この舞台「PLAYZONE」を松潤が観劇したときに「あいつらを使いたい」と言って、Japonismのバックに抜擢されました。(雑誌で語られていました)

ダンススキルが群を抜いて高いグループでありながらも、お芝居も観た上でパフォーマンスレベルを評価してもらえたことが、本当に喜ばしいこと。

潤くんに、そんな風に言ってもらえるグループだと思うと、トラジャ担として震えるくらい嬉しいですよね。

さらに「近藤真彦 35周年ツアー2015」のバックとして務めたトラジャ。

コンサートは日本武道館で開催されました。

バックとはいえ、オープニングからステージに立ち、堂々としたパフォーマンスはJr.として一目置かれる存在なのでしょう。

2015年のトラジャの活動履歴はすさまじく、舞台「PLAYZONE」や嵐「Japonism」の間にはSexy Zoneのツアーのバックにもついたり、コンサートがあったり、本当に休みがなかったんじゃないかと思うぐらいの怒涛の1年でした。

舞台「★さよなら!~青山劇場★ PLAYZONE 30YEARS ★1232公演」には、現在のメンバー(宮近、中村、七五三掛、吉澤、川島)がばっちり映っているので、まだ観たことがない方は是非、一度ご覧くださいね!

トラジャが嵐のバックについたDVDまとめ

トラジャが嵐のバックについたDVDは2015年の「Japonism」のみです。

残念ながら「This is 嵐」はコンサートのバックにつきましたが、DVDはまだ販売されていません。

「Japonism」にどれくらいトラジャは映ってるの?

トラジャがどのくらい映っているかおさらいしますね。

全31曲中、トラジャがバックとして映り込んでいる曲数は14曲です。

バック出演曲 映り込み度 メモ
miyabi-night ★★ 七五三掛・吉澤
ワイルド アット ハート  
troublemaker  
青空の下、キミのとなり  
Don’t you love me?(松本ソロ) 川島
GUTS! 全員
Rolling days(櫻井ソロ) ★★ 七五三掛・川島
Mr. FUNK(相葉ソロ) ★★★ 宮近・中村・七五三掛
暁(大野ソロ) ★★★ 中村
Japonesque ★★ 七五三掛・川島・吉澤
心の空 ★★★ 全員
SUNRISE日本 ★★★ 全員
Oh yeah! 全員
Belive 全員

セトリ終盤の「SUNRISE日本」ではジャニーズJr.「Travis Japan」として紹介してもらうシーンもあります!

2015年のちょっと幼くて可愛いトラジャを是非見てみてください♡

現在のトラジャとして結成する前なので、松松はいませんが、フレッシュな5人(宮近、中村、七五三掛、吉澤、川島)を何度でもみれますよ!

トラジャがバックについた、嵐の活動休止前最後のコンサート「This is 嵐」販売されることを楽しみに待ちましょう♡